今日の積みゲー日記7 Welcome to Tarkov

( ・W・)<ホラゲーじゃん

私はそれなりにビビりです。ただし日本式のゾッとするような話よりも、海外式の音と突然の遭遇の方にびっくりするタイプです。

それこそ隣で味方がいきなり銃を撃ち始めると体が「ヽ(;゚д゚)ノ ビクッ!!」と反応します。

 

ここ最近マルチゲームのDiscord集まりで「Escape from Tarkov」が加熱しています。

このゲームは超硬派なFPSゲームとして最近では日本語が仮実装されたことにより国内の配信者達も配信し始めています。

ある程度はスキル制の部分もありRPG要素っぽいところも無くはないですが、基本的に試合前に複数あるマガジンに複数ある弾の種類の中から選んで弾を込め、複数あるリグと呼ばれるジャケットに装着し、複数あるアーマーを装着し、複数あるヘッドセットやヘルメットを装備し、複数ある銃の中から銃種を選び、無数にあるパーツからカスタマイズし、リュックの中やポケット内部にも出血を治すもの、体力回復するもの、食料、水分、骨折れた時のテーピング等々…

考えることが山程あります。それでいて、買ったり装着したりしながら出撃しても、負ければ例外なくほぼ全てを失います。奪われなければ戻ってきますが、おそらく9割は戻ってこないことになると思います。それだけシビアなゲームです。

 

私は結構前からその存在を知っており、たまにプレイしていましたが

( ・W・)<ホラゲーじゃん

なんとか出口を見つけるために音を聴かれないように隠密行動をしても突如銃の音と共に倒れたり、ロシア語と共にNPCの敵が撃ってきたりと恐怖演出(恐怖演出ではない)が出てきます。

それにこのゲームはスキルマッチング制というのがなく、いわゆるガチムチな装備を施したプレイヤーが争っている時があります。鎧も強いため、いざこちらが適当な銃で撃ってもダメージ一つ負わない可能性すらもあります。

それでいて離れようと思っても、的確に遠くからヘッドショットされることもあります。怖いですね。

ただそれでも少しずつ慣れてきて、マップもちょっとずつは覚え始めました。

これから楽しく…なってくるといいなあ。

 

そんな感じです

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる