「Enter the Gungeon」を攻略・レビュー いくつかの過去を始末して

ローグライクといえば某商人のおっさんや某風来坊でお馴染みの「不思議なダンジョン」で、アクションを組み合わせると「noita」「vagante」「risk of rain」など様々です。

今回紹介するのは『Enter the Gungeon』です。

「銃」がテーマの階層型ダンジョンで、「銃」を武器にするアクションローグライクゲームです。この記事で

を解説します。

目次

Enter the Gungeonとは何か

Enter the Gungeonはアクションローグライグゲームで、プレイする度にマップやアイテムが変わる「ローグ」要素に2Dアクションを組み合わせたゲームです。

公式PV

Enter the Gungeonの難易度

このゲームジャンルは簡単にクリアできる難易度ではありません。

あまり強くない初期武器を手に、次々に押し寄せて弾幕を展開してくる敵を捌きつつ、東方Projectのボスかと間違うほどの弾幕を展開し攻撃してくるボスからの被弾を抑えて倒しきらないと行けません。

そのため装備が揃っていない1階が鬼門であり、某風来人の最終ダンジョン1階のような雰囲気すらあります。

ダンジョンを進むと弾幕は濃くなるし、場合によっては敵の弾の威力すらも上がります。

解決方法はHPを増やすことですが、弾幕を放ってくる厄介なボスを「無傷」で倒し、そのボーナスとしてHP最大上昇を受け取らなければなりません。

一面ボスの例

ガトリングガル
ガトリングガル

1階ボスだからと舐めてはいけません。たとえば私が苦手なボスにガトリングガルというのが居ます

フォルムが面白く笑ってしまうような敵ですが、実際は恐ろしい敵なのです。

名前の通りガトリングを武器に移動しながら弾をばら撒いてきます。怖いところは、彼の持つガトリングの集弾性が低く、弾がランダムにばらついています

そうすると被弾しやすいため「HP最大値上昇」が狙えない場合があります

主人公達は過去を消すためにガンジョンへ

ガンジョニア

プレイヤーキャラは消したい過去をそれぞれ持つガンジョニアの1人となり、ガンジョンを攻略していきます。(右下にVoiceroidキャラクターが居るが、MODの影響です)

彼らはそれぞれ消したい過去を持ち、ガンジョン内部に存在する「過去を始末する銃」を手に入れるために潜っていきます。

ストーリーは上のPVが全てで、過去を始末する段階で彼らの過去が分かる程度です。

最初のおすすめキャラ

最初のおすすめは東北家の末っ娘になっていますが、ハンターと、左下に居るソルジャーです。

ハンターの利点は1階の雑魚敵を1発で倒しやすいボウガンと、相棒の犬の存在です。

まずハンターは初期武器が2つあり、あるだけマシ程度の無限ピストルとボウガンです。

ボウガンは1階層までなら雑魚敵をガンガン倒していける武器で、非常に強力です。

相棒の犬は、確率でアイテムを見つけてくれます。 回復や宝箱を開ける鍵、弾薬など様々ですが、鍵は非常に大事です。

武器が入る宝箱は鍵で開けることが出来ますが、鍵は必ず手に入るわけではありません。店売り、レア敵等です。

手に入る手段が多ければそれだけ銃を増やせますので最初はハンターがおすすめです。

次におすすめなのがソルジャーです。

ソルジャーの利点は初期の4人中もっとも高威力と集弾性の高さで使いやすい初期武器と、最初からアーマー付き(HP+1のようなもの)なところです。

他のキャラがピーキーなだけにバランス型である彼はおすすめなのです。

時間が溶けるのは、実力が上がってくるから

このゲームは前述したとおり高難易度だが、やればやった分だけ手応えを感じるようになります。

つまり、プレイヤー自身が成長していくのです

同じローグライクである不思議のダンジョンシリーズでもお馴染みな部分ですが、実力次第ですすめる様になるので腰を据えてプレイする派の私としては非常に楽しいです。

不思議のダンジョンシリーズとは違い、Enter the Gungeonが運ゲーだけかというと、運要素よりもアクションという実力が絡みます。

人の飽きは、成長を感じなくなった時、変化が無くなった時に生じやすいため、常に変化を感じ取れるEnter the Gungeonはゲームとして非常に面白いのです。

Enter the Gungeonをプレイできるパソコン

パーツ必要動作環境
OSWindows7以降
CPUIntel Core 2 Duo E6320
メモリ2GB
グラフィックGeForce 7600 GS (512 MB)
Enter the Gungeon

基本最新のパソコンなら大体対応できます。なんならオンボードでもできる可能性があります。

とはいえEnter the Gungeonだけに合わせてパソコンを選ぶ必要は無いので、今後パソコンゲームをプレイするためのミドルスペックくらいのパソコンをおすすめします。

フロンティアは初心者におすすめのBTOパソコンメーカーです。

商品を少なくすることで初心者でも分かりやすく選ぶことができ、なおかつ大手のヤマダ電機グループの子会社でサポートも安心です。

Enter the GungeonのFAQ

最強の銃はありますか?

状況下によってそれぞれだけど最初はフルオートが無難

難しいけどコツとかはありますか?

ないです。と言いたいところですが落ち着くことが大事です。

銃を扱うゲームだとよくあることですが、無闇に動いて敵に体を晒してしまうのではなく、遮蔽物を生かして相手の弾を避けることが大事です。

またどうしようもない時に回避アクションを使用するほうが良いです。回避アクションは強いですが前後のスキもあるためです。

基本とパターン化が大事です。コツコツ頑張りましょう

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる