【Terraria】tmodloader 64bitの導入方法解説【日本語化も手引き】

※現時点でのガイドが英語のみのため、意訳、ブログ形式に変更しています。
原文を見たい方はこちらからお願いします。

当記事ではTerrariaに標準搭載されたmod導入ツール「tmodloader」がsteam経由だと32bit版のみのため、64bit版(FNA)を導入するためのHow to記事を書いていきます。

また日本語化方法も記載します。

それで具体的にtmodloaderの64bit版を導入するとこれらのメリット・デメリットがあります。

  • 32bit版だと4GBのメモリ制限があり、多量の大規模中規模mod導入不可。またmod同士で競合する可能性やクラッシュする場合がある。
  • 64bit版はメモリ制限が撤廃されるため、大量にMODを入れることが可能。ただしSteam非公式のためサポートは受けられないことに注意

という大規模MODを含めて沢山導入する方にとっては非常に良いものだと思います。

ただし結構ニッチな話題であるため

  • SteamやPCの操作が覚束ないフォルダとファイルの区別がつかない。
  • 現時点でmod入りterrariaが不安定な動作をしていない
  • 32bitと64bitが分からない

などの条件に当てはまらない方はトラブル防止のため64bitへの変更非推奨です。

それでは始めていきます。

(原文記事では、tmodloaderFNA作者のDradonhunter11と直接連絡を取って記事にしているそうなので信頼度は高いです)

目次

tmodloader 64bit版導入方法

導入前の確認

tmodloader 64bit版を導入前にフォルダ配置の確認や必要な条件があり、これらをクリアした上で進めてください。

  • 通常のTerraria1.4と、32bit版のtmodloaderをSteamで導入する(Steam等、正規の方法で購入したものを使用すること)
  • Terraria 1,4を一回でも起動しておくと同時に、ゲームファイルの整合性を確認しておく
  • tmodloaderフォルダとTerrariaフォルダが同じサブフォルダー内にあることを確認する
    […]Steam/steamapps/common/terraria
    […]Steam/steamapps/common/tmodloader
  • システム要件:Windowsが64bitであること。最低4GBのRAMが必要ですが、それだと64bit版にする意味が無いため8GB以上推奨です。

ダウンロード

tmodloader 64bit配布公式サイトから64bit版をDLします。リンクはこちら

下へスクロールし、Download from MEGAをクリックし、MEGAダウンローダーサイトへ飛びます

執筆時点では「tML 64 0.11.7.5」とバージョンが書いてありますが、新しいバージョンが出ます。

その場合は必ずtML 64 <version>の形式に沿ったファイルを選択してください。

目的のファイルを右クリック→ダウンロード→標準ダウンロードでファイルをダウンロードします。

解凍とインストール

lhaplusや7-zip等でダウンロードしたzipファイルを解凍します。

解凍フォルダの中身(tModloader.exe等が入っている)のファイル全てを、tmodloaderのファイルに上書きコピーします。(ファイルを置き換えるをクリックしてください)

(Steam側でゲーム等のインストール先を変更していなければC:\ Program Files(x86)\ Steam \ steamapps \ common \ tModLoader にあります)

またゲームライブラリでtmodloaderを右クリック→プロパティを押して、タブのローカルファイルをクリック→ローカルファイル閲覧でもファイルの場所まで移動できます。

動作確認

Steamからtmodloaderを起動するとコンソールが表示された後に、Terrariaが通常通り起動されます。

コメントいただきました、ありがとうございます。

Steamから直接起動は当方では出来ましたが、もし起動不可の場合exeファイルを直接叩いてください。

もしくはtmodloaderのexeファイルを「terraria.exe」に名前を変えるなどしてみてください。

左下に上記画像のような文字が書いてあれば正常に導入されています。(Runnning in 64 bit mode)

64bitの環境ではメモリ使用量なんかもゲージで表示されてくるのが良いですね。これがあっていれば、32bitでも64bitでも動作します。

TMLチームが32bit版tmodloaderを更新した場合は、バージョン変更でエラーが発生する可能性があります。64bit版が対応するまで32bit版を待つ必要があります。

またマルチプレイする場合は、tmodloaderのバージョンが同じなら32、64双方で起動しますが、32ビット版のサーバーに入る場合はライトモードを有効にする必要があります。

バージョンの上のライトモードを有効にした後再起動お願いします。

その他エラー等が発生する場合は原文記事を参照しながら自力で解決お願いします。(当方環境では問題なく動作)

Terraria、tmodloaderの日本語化について

両方日本語化可能ですが、まずはTerraria本体から日本語化した後にtmodloaderの日本語化をお願いします。

ただしtmodloaderjpaidを使う場合には注意が必要で、ブログ記事を見ながら通常通り行おうとしてもうまく行きません。

これの解決方法は、正常に64bit版がインストールできれば、tmodloaderファイル内にFNA.DLLというファイルがあると思うので、それをコピーしてtmodloader日本語化フォルダにあるバッチファイルと同じ場所にペーストしておけばうまく行くそうです。

当方環境ではうまく動作しましたが、エラーが起きる場合でも対応できませんのでよろしくおねがいします。

Q&A

実際に来た質問をまとめています。

MacOSに対応しているか。対応しているなら導入方法を教えて欲しい。

(おそらく)必要ありません。

フォーラム

Q.「Will there ever be a mac version of tmodloader 64? If there is already please tell me how to find it.」とあり、

A.「Not needed, Mac and Linux use an FNA version of Terraria (and, by extension, tModLoader), which are already 64bit.」と回答がありました。

英語弱者なので機械翻訳でしか分からず、MacOSについては詳しく無いのでなんとも言えませんが、MacやLinuxの場合はtModLoaderを導入できた時点で64bit対応している?みたいなので32bit縛りみたいなのは無いのではないでしょうか?

まとめ

何度も断っておきますが、私はtmodloader製作者でも64bit製作者でも日本語化製作者でも無いので、導入に関する質問、エラーログ等を質問されても対応は出来ないのでご了承お願いします。

自力で解決出来ない方は素直に32bit版(通常のtmodloader)を使いましょう。

それと別記事にて代表的なMOD「Calamity mod」についての紹介もありますのでよければそちらも見てください。

それでは簡単ではありますが64bitverのtmodloader導入方法でした。お疲れさまでした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる